瞳

失明の危機も?安全なカラコンを選ぶために

黒髪の女性

いまや芸能人だけでなく、十代の学生たちから主婦までたくさんの人がカラコンをつけていますね。装着前と装着後を比べてみると一目瞭然です。そのため、カラコンを外した素顔を見せたがらない人も多いです。
目を大きく見せ、ますます自分を魅力的に見せてくれるカラコン。しかしながら、安全性についてはよく議論になります。中には失明に陥った人もいるようです。どのように、私たちは安全なカラコンを選べばいいのでしょうか。
高度医療機器として承認されているかということに注目しましょう。日本では、カラコンの販売は厚生労働省からの承認が必要になります。このため安全な基準をクリアしたカラコンのみ販売が許されます。
しかし、個人輸入代行サイトなどでは日本の厚生労働省の承認を得ていないカラコンも販売されています。日本にいながら韓国などで販売されているカラコンを購入することができるのですね。しかし、韓国の安全基準を満たしていたといってもその安全基準が日本と全く同じとは言えないでしょう。たしかに韓国カラコンは、日本カラコンの半額以下で買え、「涙レンズ」など多様な種類のカラコンが売っています。
その反面、安全性が必ずしも高くないということも確かです。不安な人は、高度医療機器として承認されているカラコンの購入をお勧めします。

recent entry

2016/05/17
カラコンの魅力を追加しました。
2016/05/17
失明の危機も?安全なカラコンを選ぶためにを追加しました。
2016/05/17
カラコンを通販で買うようになった私を追加しました。
2016/05/17
種類が豊富なカラコン通販!を追加しました。